株式会社デンソーユニティサービス

CSR情報Corporate Social Responsibility

持続可能な発展

企業価値の向上のために

デンソーグループの一員として、全社をとりまくお客さま、社員、地域社会
など、かかわりのあるすべてのステークホルダーに共感を得られるCSR 経営を
実践し、企業価値向上を追求してまいります。

環境保全への取り組み~持続可能な社会をめざして~

水源の森づくり活動

間伐体験

ヒノキ植林後の整備
2005年から豊田市足助地区の森林で森の再生と保全を目的に「水源の森づくり活動」を年2回(春・秋)開催し、多くの社員とその家族が参加して植林や間伐作業、遊歩道の整備を行っています。
環境意識を高め、自然の恵みに感謝し、持続可能な循環型社会の構築に貢献しています

社員とともに~人を育て人を活かす~

レディスサミット

報告会

レディスサミットメンバー(2018年度)
2001年に「サービスのあり方」を女性社員の視点から考えることを狙いに活動を開始しました。
女性の感性を活かした職場環境などの改善はさまざまな場面でサービスの品質向上に貢献して
います。
女性をはじめ高年者、障がい者など多様な人材が活躍できる職場づくりに向けて「職場風土の変革」などをテーマに活動を続けています。
デンソーユニティサービス 健康宣言
デンソーユニティサービスは、 社員一人ひとりが心身ともに健康で、個々の能力や個性を発揮することにより、会社がさらに活性化すると考えます。
経営理念の中にある、“デンソーグループへ最高品質の「安全・安心」と「利便」を提供する“ために、これまで取り組んできた健康施策をより進化させ、より社員がやりがいを感じて健康でいきいきと働くことのできる会社づくりに努めることを宣言します。

2019年6月1日
取締役社長 

健康経営優良法人認定制度とは
健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

地域社会とともに~地域社会の一員として~

地域の防犯・防災活動

御用の日

救急法講習
デンソーの各製作所近辺の小学校を中心に、通学路の立哨や防犯パトロールを行っています。
また地域で防災訓練が行われる際、住民の方々に心肺蘇生法やAED取り扱いなどの救急法講習を
行っています。
自分たちのスキルを活かし、安心して暮らせる地域社会の実現に向けて活動に取り組んでいます。
このページの先頭へ
Copyright© DENSO UNITY SERVICE CORPORARION. All Rights Reserved.
MENU